乳首の黒ずみの原因

乳首の色に関する悩みは実は多くの女性が抱えているもの。理想の乳首の色は?と聞かれれば多くの女性が「ピンク色」と答えます。

 

乳首は黒ずんではいけないなんて決まりはありませんが、黒ずんでいるよりも綺麗なピンク色であったほうが男性ウケがいいのも事実。ヤリマンは黒いなんて言われているほどです。

 

自分はヤリマンではないのに黒ずんでいる…と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

ではなぜ自分の乳首はピンクではなく黒ずんでいるのでしょうか?乳首の色が濃くなる原因をご説明します。

乳首の色はどの程度?

世の中の女性に自分の乳首の色が何色か調査したところ、ピンク、ベージュ、ミルクティー、茶箪笥色の4つに分けるとピンク=8%、ベージュ=31%、ミルクティー=39%、茶箪笥=22%といった調査結果があります。

 

自分の乳首の色は実は色が濃く黒ずんでいる方と答えた女性は約22%で、理想とも言えるピンク色と答えた人はわずか8%でした。

 

ですが、実際にところピンク色に憧れる女性は多いです。

乳首が黒ずむ理由

乳首が黒ずむ理由は様々ありますが、ホルモンの影響、加齢、物理的な刺激等で黒ずみやすくなります。

 

古い角質が溜まっていたり、色素沈着をしたままであると透明感が失われて色が濃くなります。

 

女性が人生の中で最も乳首の色が濃くなる時期は妊娠した時です。妊娠すると女性ホルモンの分泌量が増え、メラニンが過剰に生成されて乳首の色がどんどん濃くなります。

 

これは赤ちゃんが誕生した後乳首の場所を赤ちゃんにわかりやすく伝えるためとも言われています。

 

またバストサイズにあっていないブラジャーをつけていたり、洋服の擦れ、痒みで乳首を掻くとそれが刺激になりメラニンが生成されやすくなります。

 

もともと乳首の色は人によって肌の色に違いがあるように乳首の色も人それぞれです。肌の色が色黒の女性は乳首の色も色が濃い傾向があります。

乳首の黒ずみを薄くする方法

乳首の黒ずみを薄くする方法は様々ありますが、ビローザのような美白クリームを使って徐々にピンク色にしていくのも一つの方法です。

 

時間はかかるものの、安全で、かつ効果を期待できる方法です。また黒ずみを濃くしないためにも普段から乳首に刺激を与えず、保湿をすることも大切です。

 

 

乳首の黒ずみをピンク色にしたい時は自分に合う方法を選択してくださいね。