ビローザの副作用について

ビローザ 副作用

ビローザは乳首に塗るものなので確認したいのが副作用です。

 

実際に使っていたら痒くなって皮膚がガサガサ、赤みが出て痒くなってしまった!なんてことは避けたいですよね。

 

デリケートな部分だからこそ、安心して使えるのか確認することが大切です。そこでビローザには副作用の心配がないのか調査しました。

 

ビローザの成分について

ビローザに含まれている有効成分はトラネキサム酸グリチルリチン酸2Kです。この二つは医薬部外品によく使用される成分で、副作用の危険性はありません。

 

グリチルリチン酸2Kはニキビの炎症を抑えるためによく使用されており、トラネキサム酸は肌に優しい成分であるのが特徴です。

 

ビローザ 副作用

どちらも肌に優しく効いてくれるのでこの二つが原因で副作用が出るといった心配はしなくても大丈夫と言えるでしょう。

 

万が一ビローザを使用して肌に合わなかった場合は返金保証制度が利用できます。ビローザは90日間の間に申請をすれば購入金額を返金してもらえるので、迷わず利用しましょう。

 

美白成分の副作用で気をつけたいのがハイドロキノンです。

 

シミや黒ずみを消すためにハイドロキノンを使用したいと思う方も多いです。ハイドロキノンはメラニンを薄くする効果が最も高く人気がある成分です。

 

ですがハイドロキノンは美白効果の高さから塗布した場所が白くなってしまう(白斑)、かぶれ、アレルギー等の副作用が報告されています。

 

シミ対策に…と思ってハイドロキノンを塗布してそこだけが白くなってしまったら今度は逆に不自然になってしまいますよね。

 

ハイドロキノンを使用することは一番の近道にも見えますが、理想の白さを手に入れるには一番遠い道のりになってしまう可能性があることも知っておきましょう。