ビローザは粘膜の黒ずみに使っても大丈夫?

ビローザ 粘膜

ビローザは乳首の黒ずみ以外にも体の気になる部位の色素沈着、黒ずみケアができる美白クリームです。

 

つまり、乳首以外にもデリケートゾーン、ワキ、くるぶし、膝等にも使用できます。

 

体の中で気になる黒ずみにデリケートゾーンがあげられます。水着を着た時に水着から出た部分が黒ずんでいると可愛い水着が台無しですよね。

 

特にIラインの粘膜の黒ずみが気になる女性は多いです。脱毛後にIラインの黒ずみにきづき、驚かれる女性も。

 

この部位の黒ずみは男性から誤解を受けることもある部位で、この部位の黒ずみケアをしたい女性も非常に多いのが現状です。

 

ではビローザはこのIラインの黒ずみ(粘膜部分)には使用できるのでしょうか?

ビローザは粘膜部分に使っても大丈夫?

結論を先にいうと、ビローザはデリケートゾーンの粘膜部分には使用できません。

 

というのもビローザの有効成分であるトラネキサム酸は肌に優しく安全性が高い薬用成分ですが、粘膜部分への安全性についてはまだ確立されていません。

 

そのため粘膜部分への使用は控えるようにとされています。

 

Iラインの黒ずみが気になる場合は美白クリームではなく、デリケートゾーン専用のソープの使用をオススメします。

 

デリケートゾーン専用ソープの中でも黒ずみや臭いをケアするソープを使用すると問題なくデリケートな部分のケアが簡単にできます。

 

間違ったケアを行うと余計に黒ずみと臭いがひどくなってしまう部分でもあるので、ひどくなる前に正しい方法でケアをして元の肌色に戻してくださいね。